2010年5月23日日曜日

一年の計は元旦にあり。(途中経過報告)

Robo Carプロジェクトは一旦停止することにしました。

残りの作業は、
・状態遷移表の作成とプログラム実装
・基板設計
・電子パーツのマウント
・エアロRCへ基板をマウント
・試走とデバッグ

STEP1までの残り作業がここまでになっています。
ちなみにSTEP2はマークシートリーダー読取り機です。これを使ってRobo Carをプログラミングします。

本業の仕事が忙しく、この不景気にもかかわらず残業をしてよいということで、USB3.0の仕事を立ち上げるべく努力してます。
昨日はUSBコンプリートという本を読んでました。最近、記憶力が悪くなったので、音読することにしました。これは効果絶大です。昨日、USBコンプリートの夢を見ました。
「うううっコンフィグレーション・・・、インターフェース・・・、エンドポイント・・・・、パケット・・・、トランザクション・・・ディスクリプタ・・・」
うなされて起きましたw。寝てる間に記憶が整理されるってのはほんとっぽいですねぇ。

一年の計をRobo Car開発継続としていたのですが、ここで停止です。
しかし、私はこう認識することにしました。「計画を立てる前の習慣にもどったに過ぎない。」
これは、一年の計の立て方を書いた新聞記事の受け売りなんです。
  • 目標は一つだけにする(#ひとつだ。)
  • 数日じっくり考える(#だいぶ考えた)
  • 以前立てた目標は避ける(#立てたことない目標だ)
  • ごく普通の目標にする(#ちょっと違うが・・・)
  • 細かくポイントを設定して、一つずつクリアしていく(#乗り越えたことはノートにびっしり書いてます)
  • 自分にプレッシャーをかけ、サポートを得る為に友人や家族に目標を話す(#奥さんには若干理解してもらってます。)
  • 定期的に「達成するとどうこのましくなるか」書き出し、利点をかんがえるようにする。(#無意識にやっていて、自信がなくなることも・・・。)
  • モチベーションと進歩の感覚を守るために、一つのステップをクリアしたら自分にご褒美を与える(#うーむ、やってねー、金がないー)
  • 達成までの計画やプロセスを記録しグラフや絵を使ってわかりやすく示す。(#記録はたまに読み返して「よくやってんじゃーん!」と自分をほめてます。)
  • 心が折れそうなときは諦めるのではなく、一時的に前の習慣に戻ったと解釈する。(#これが肝心。)
つーことでこの日記自体も計画やプロセスを記録したり、自分にプレッシャーをかけたり、考えを文章にすることで頭の中を整理するために使ってます。

「Keep Starting」と「一時的に前の習慣に戻ったと解釈する」で継続していきたいと思います。

USB3.0の仕事(4月初旬)                          ← 今はこれにシフトした
Robo Carの仕事(11月初旬~5月初旬)   ←これはペンディング

平行して物事を実行するとろくなことがないことを経験で知っているので、シーケンシャルにやっていこうと思います。USB3.0の仕事は「次の仕事」に非常に役に立つ仕事なので、得意澹然(得意な時は淡々とあっさりやる。)、失意泰然(失意の時は泰然自若とする)という気持ちでやっていこうと思っています。

「ある程度考えた後は、勇気を持ってやる。」(松下幸之助)

0 件のコメント: