2010年5月18日火曜日

USB2.0 USB3.0の勉強

今日は一日中、会社では勉強会でした。
朝はWindows ドライバモデルのWDMというお作法を勉強して、
午後は、私が調べたUSB2.0の8章の勉強会。8章はプロトコルレイヤーといって、
USBのデバイスとホストが通信するために必要なパケットとトランザクションについて説明しました。
ディスクリプタとリクエストについての説明は後日となりました。
英語を和訳して、パワーポイントで図と説明を書いて皆さんに見せてあーだ、こーだ、と規格について議論しました。説明してみて「あー、理解してない」というところを皆に突っ込まれて、ちょっとあせりましたねーw。

USB3.0の仕事の経験のある技術屋はほとんどいなくて、皆手探り状態です。
xHCIというUSBのホストドライバの勉強会もありましたが、これも規格書が英語で和訳をする作業が付きまとい、さらに難解なので、私は頭が停止してしまいましたw

そろそろ、WDMというWindowsXP/Vista/7で使用するドライバ開発モデルを勉強してUSBデバイスのWindowsドライバを書けるように勉強したいと思います。

が、ここで問題が・・・。

Windowsドライバの開発にはPCが2台要ります。
一台は開発用PC。これで、ドライバを作成してビルドします。
もう一台はドライバをデバッグするためのPC。ドライバに不具合があるとWindowがクラッシュしてしまうので、そうなってもかまわないPCが要ります。

家にあるPCは一台しかない・・・。

誰か、使わなくなったふるーーーーい、Windows XPが入ったノートPCくれーーーーー!!!!(笑)

0 件のコメント: