2011年3月17日木曜日

僕が見た東北関東大震災

被災地の皆様におきましては、お見舞い申し上げます。
現在も、避難所で生活しておられている。艱難辛苦な日々が続くと思うと心が痛みます。
被災者の方々、がんばってください!!私もがんばります!!!!

インターネットの文章やテレビの映像やラジオの音声から、僕は震災を見ています。報道オンリーです。
報道から、とても現実に起きていることとは思えない光景を見て、悲惨な体験を聞いています。
テレビの前に居て、これは本当に現実なのか?とたまに目や耳を疑ってしまいます。でもこれが現実なのです。ひどい現実です。

原子力発電所では、これは、映画の一部ではないかという事象が起こっています。
炉心融解の危機。燃料棒からの放射能を帯びた粒子の大気中への拡散。現実になっています。

被災した人々のことはもちろん焦点を当てなければなりませんが、私は、原子力発電所の事故に焦点を当てたいと思います。

レベル6という、重大な事故が現在進行中です。自衛隊、東京電力の従業員のみなさんが捨て身になって、現在、事故に対処して原子炉を制御中です。

どのようになったら、収束するのかよくわかりませんが、推測で言うと、たぶん、原子炉や燃料プールを常に水浸しにする体制が持続できれば、STEP1として収束と言えるのではないかと思います。

一時期より、その収束する傾向が強くなってきているように思われます。

そもそも、燃料棒の除熱ができなくなったのは、非常用の電源が確保できなくなったからだと思われます。非常用発電機が地震の振動、もしくは津波による浸水で使えなくなった。さらに、送電線からくる電気も止まってしまった。そして、燃料棒を冷やすための水を循環することができなくなった。

やはり、ここで注目するところは、津波です。
私は学生時代、美浜原発に見学に行ったことがあります。「震度7が来ても大丈夫」という説明を受けました。また、制御棒を動かす模型を操作したことがあります。非常時には電力が途絶えても制御棒は重力の力を使って燃料棒に突き刺さることを目の前で見たこともあります。

でも、今回は違いました。想定外の津波で非常時の炉心を冷やす仕組みが機能しなくなってしまった。制御棒は燃料棒に突き刺さったけど、その後の余熱を取ることができなくなり、水素爆発、格納容器の破損、燃料プールの水の蒸発等が起きたと推測されます。

私の言いたいことはこうです。人間の作ったシステムは常に不完全であるということです。絶対に安全とは言えない。そして、自然の現象は常に人間の想像を超えてしまう。

  • 人間の作った仕組みは常に不完全である。
  • 自然現象は常に人間の想像を超えてしまう。
当たり前かもしれませんが、まず、この二つのことを前提として、人間はいろいろなことをやり直す、または、反省する、または現在の仕組みを改善する必要があるのではないか。
そのように私は考えています。

0 件のコメント: