2012年9月19日水曜日

HEWでSCIの送受信シミュレーションが出来るらしい。

ルネサス エレクトロニクスの旧日立系、旧三菱系マイコンの統合開発環境であるHEWについていろいろ調べました。主にHEWのシミュレーション機能について調査しました。
SCI(シリアル コミュニケーション インタフェース)の送受信のシミュレーションができないものかと散々調べて、結局できそうだということが分かりました。

ルネサスのコンタクトセンタのご担当様、ありがとうございます。w

シミュレータで模擬できるマイコンの機能はCMT(コンペアマッチタイマ)とICU(割り込みコントローラユニット)とSCIです。

今回、作成したプログラムはRI600/4というiTRON上で動く物です。

どのようにSCIを模擬できるかというと、HEWが持っているHewTargetServer機能にあるAPIを使用して他のWindowsアプリから、SCI仮想ポート(RxD、TxD)に対して外部からHEWにアクセスすることで模擬します。

HEWがAPIを持っているなんて知りませんでした。マニュアルには書いてあるそうです。詳細はコンパイラパッケージをインストールしたフォルダの下にマニュアルがあるのでそれを参照してください。

このAPIを使うことで、送受信シーケンスのデバッグが机上でできるわけです。
多くの場合、UARTで外部機器と接続して通信するわけです。SCIのシミュレーションができると謳っていて、PCと外部機器の送受信シーケンスが模擬できるのは当たり前なわけです。

途中まで出来ないとあきらめていました。コンタクトセンタに直球の質問してよかったです。

最初、質問したら、こちらの数件の質問に対して一行で帰ってきたので、一問一答戦法に切り替えたのがまずかった。

途中から対応の人が代わったみたいで(文章の量と内容でわかる)、丁寧に説明してくれるもんで、最後にやりたいこと(SCI送受信模擬にてデバッグしたい)を伝えたら上記の情報が出てきました。

・・・つーか、ルネサスのホームページで検索してもそんなんでてこなかったぞ。
親切なんだか親切でないんだか、お客向いてるのか向いてないのか、よくわからんなー。

経営が行き詰って会社の雰囲気が悪く、モチベーション下がってる人がいっぱい居るのかなと、勝手な思いを巡らせていました。思い込みですね。

ルネサスのマイコンがんばれ!ほかはどうでもいい。SoCとか。w


2 件のコメント:

いとけん さんのコメント...

自分の周りの雰囲気は悪くは無いけど、10月末のリストラで退職する人が多数…

Shougo TODA さんのコメント...

いとけんさん、お久しぶり。Facebookでまた友達申請させてもらいます。ちょっとわけあって、Facebookのアカウントを削除しました。
いまは復活してます。
関西の事務所では結構な数、辞める人が要るようです。僕は昨年転職してよかったと思っています。転職市場に競争相手があまりいなかったからねw