2012年9月19日水曜日

HEWでSCIの送受信シミュレーションが出来るらしい。

ルネサス エレクトロニクスの旧日立系、旧三菱系マイコンの統合開発環境であるHEWについていろいろ調べました。主にHEWのシミュレーション機能について調査しました。
SCI(シリアル コミュニケーション インタフェース)の送受信のシミュレーションができないものかと散々調べて、結局できそうだということが分かりました。

ルネサスのコンタクトセンタのご担当様、ありがとうございます。w

シミュレータで模擬できるマイコンの機能はCMT(コンペアマッチタイマ)とICU(割り込みコントローラユニット)とSCIです。

今回、作成したプログラムはRI600/4というiTRON上で動く物です。

どのようにSCIを模擬できるかというと、HEWが持っているHewTargetServer機能にあるAPIを使用して他のWindowsアプリから、SCI仮想ポート(RxD、TxD)に対して外部からHEWにアクセスすることで模擬します。

HEWがAPIを持っているなんて知りませんでした。マニュアルには書いてあるそうです。詳細はコンパイラパッケージをインストールしたフォルダの下にマニュアルがあるのでそれを参照してください。

このAPIを使うことで、送受信シーケンスのデバッグが机上でできるわけです。
多くの場合、UARTで外部機器と接続して通信するわけです。SCIのシミュレーションができると謳っていて、PCと外部機器の送受信シーケンスが模擬できるのは当たり前なわけです。

途中まで出来ないとあきらめていました。コンタクトセンタに直球の質問してよかったです。

最初、質問したら、こちらの数件の質問に対して一行で帰ってきたので、一問一答戦法に切り替えたのがまずかった。

途中から対応の人が代わったみたいで(文章の量と内容でわかる)、丁寧に説明してくれるもんで、最後にやりたいこと(SCI送受信模擬にてデバッグしたい)を伝えたら上記の情報が出てきました。

・・・つーか、ルネサスのホームページで検索してもそんなんでてこなかったぞ。
親切なんだか親切でないんだか、お客向いてるのか向いてないのか、よくわからんなー。

経営が行き詰って会社の雰囲気が悪く、モチベーション下がってる人がいっぱい居るのかなと、勝手な思いを巡らせていました。思い込みですね。

ルネサスのマイコンがんばれ!ほかはどうでもいい。SoCとか。w


2012年9月14日金曜日

SHARP RY5ED01Aを買ってきたけど、使い方がわからない

SHARP RY5ED01A(IR301A)を買ってきた。パーツ屋さんでデータシートがないか聞いたら「ない」らしい。100円だった。ネットを検索してみてもそれらしいデータシートはなかった。どうやらIrDAのモジュールみたい。
GNDピンはすぐにわかるけど、他の4本のピンの意味がさっぱりわからない。
東芝のTA5W393という電圧コンパレータICがひとつ乗っかっている。
うーむ、どうしよう。
このモジュールのデータシート持っているひといませんか???








2012年9月11日火曜日

AVRマイコンで16seg LEDをダイナミック点灯で動作させてみた。



AVRマイコン ATmega168を使って2ケタの16セグメントLEDをダイナミック点灯させてみた。
16セグメントLEDは大阪 日本橋にあるデジットというパーツ屋さんで購入。一個50円。
アノードコモンです。
トランジスタアレイICを3つ購入。コモン用のNPNトランジスタを2つ使用。
ATmega168の使えるポートは使って、空きが2ポートしかない。4ケタで時計を作ることは不可能か・・・?

やりたいことが膨らんで、ATmega168ではポートが足りなくなってきました。
次のデバイスを選考しよう。

2012年9月10日月曜日

HEWによるSCIシミュレーション(RX62N)

先月からRX62Nのシミュレーション環境について調査している。
HEWのデバッグコンソールを使用して、文字列を入力してSCIのRx割り込みができないことがわかた。ルネサスに質問して以下の回答をもらった。

<回答>


デバッグコンソールは、ユーザプログラムからの標準出力、
及びウィンドウからのユーザプログラムへの標準入力をサポート
している機能なためSCIへの入力は対応していません。

HEW環境のRXシミュレータの場合は、SCIのシミュレーションを
サポートしています。こちらをご使用をご検討下さい。

サポートしている機能に関しては、
RXファミリシミュレータ/デバッガ ユーザーズマニュアル
2.8.2 シリアルコミュニケーションインタフェース
をご参照下さい。

SCIのシミュレーションは出来ない。Rx割り込みの起動は出来ないと思い込んでいたが、ユーザーズマニュアルの2.8.2を参照すると、できるっぽいことが書いてあった。

で、さらに調べると「3.4.6 仮想ポートへのファイル入出力を行う」で、決められたフォーマットのファイルをSCIの仮想ポートに突っ込んでSCIのシミュレーションができる旨書いてあった。

なかなかHEWのシミュレータはすごいと思う。

今日はSCIのシミュレーションを調査してみる。

2012年9月9日日曜日

尖閣諸島。中国共産党首脳のジレンマ?



尖閣で野田首相に立場表明=対日決定的悪化を回避―中国主席


http://news.nicovideo.jp/watch/nw365166

ということで、中国主席さんは発言をしたいのだけれどできない。
もう、気づいている人は大勢いると思うけど、尖閣諸島の件で中国首脳は立場を表明しようとしている。日本に対して弱く出ると、国内で千人規模でデモが起こり治安が悪くなる。強く出ても、中国国民の愛国心に火を付ける形になって、千人規模のデモが起こり治安が悪くなる。

これを逆手に取れないかな?

日本は中国に対して尖閣諸島問題で強くでまくる。
→中国国民が怒る
→万人規模のデモが起こり治安が悪くなる。
→またまた、日本は尖閣諸島問題で強くでる。
→万人規模のデモが中国各地で起こり治安が悪くなる。
→怒りの矛先がいつの間にか中国首脳に向かう。
→中国国民は政権が弱腰だと、政権転覆の方向で活動を始める。愛国無罪らしいから。
→第二の天安門事件が起きる。
→中国共産党は中国人民のコントロールに失敗する。
→共産党政権が倒れる?

なんてね。

どうも、中国人民のデモは国内政治の不満の矛先が日本に向かっているだけ、だと感じる。

これ、逆手にとれるよね。

2012年9月7日金曜日

Renesas Starter Kit+ For RX62N

ここ3週間ほど、Renesas Starter Kit+ For RX62NにiTRONを組み込んでいろいろやっていた。
ネタが集まったので披露してみる。
●iTRON用のドライバがないらしい
Renesas Starte Kit+ For RX62Nに付属しているCDにはHEWが入っている。そのプロジェクトしてRPDL(ルネサス ペリフェラル ドライバ ライブラリ)が付属している。これをiTRONから使おうとした。が、できない。サポートに質問したら、使えないとのこと。さらに評価ボードの周辺機器を動かすiTRONで動くドライバはないかと質問したら、ない。とのこと。
フツーiTRONを使うもんだが・・・。ルネサスのサポートの返信もあっさりしていて、不快感をもった。10数行3件ぐらいの質問にたいして、一行一答が多かった。質問に答える気がないか、日本語が読めないらしい。
さすがにKKRに買収されようとしている企業だ。やる気がないのがよく見える。

●RX62Nのハードは難しすぎる。しかもマニュアルにウソが書いてある。
ドライバがないということなので、SCI(シリアルコミニケーションインタフェース)のドライバを書いた。あちこちからルネサス発行のマニュアルを取り寄せたが、説明にウソが書いてあったり、説明が不十分だったりして、かなり時間を取られる結果となった。ICU(割り込みコントロールユニット)の使い方がよくわからなくて、割り込みハンドラを起動させるのには苦労した。
結局、サンプルプログラムをダウンロードしてそれを参考にして動作させることができた。
結論的にはマニュアルはあまり信用してはいけないという印象だ。
このデバイスはポートの設定が複雑すぎないかと思う。たぶん設計が悪いのだろう。
AVRマイコンと比較するからいけないのかな?

●HEWはなかなか使える。
HEWを使ったのは初めてだった。このツールは動作が不安定な時があるが、そこそこ使えるツールであると感じた。完成度は旧NECエレクトロニクスのV850のデバッグに使う「ID」とは雲泥の差で使いやすい。コードエディットとデバッグがシームレスにできる。マイクロソフトのVisual Studioまではいかないが、なかなかよい操作性であった。IDとかPM+とかは論外だ。

総合的に、このスターターキットはOSなしの環境で動作させることを前提としている。これで、いいのか?少々疑問に思う。

学生あたりが大学で勉強するには使えるのではないだろうか?
プロが初めて学ぶにはいろいろなものが不足していると思う。

高い割には使えないなー。w